ÇHOMEブログvol.66 日本の医療制度を名実ともに世界一にするために~ Medical Tourismを考える ~《第2回》

vol.66 日本の医療制度を名実ともに世界一にするために~ Medical Tourismを考える ~《第2回》

吉田つねひこ「政治が視えるメルマガ」の第66号です。

このメルマガでは、国会の流れ、政策の動き、私の活動などをお伝えします。

 

テーマ : 日本の医療制度を名実ともに世界一にするために

~ Medical Tourismを考える ~

―第2回―

 

~はじめに~

前号より、国際的に活発化してきている「Medical Tourism(メディカルツー

リズム)」について投稿を開始いたしました。前号では、その歴史や流れに

ついて記述させていただきましたが、今号では、国際的に患者を受け入れる

ために先進的に取り組んできた各国内の多くの病院がJCI(Joint Commission

International、国際病院評価機構)の認証を受けてきているという事実と

日本の現状等について述べさせていただきます。

 

■Medical Tourism(メディカルツーリズム)を考える:その2

近年におけるMedical Tourism(メディカルツーリズム)は最上級ホテル並み

のアメニティーとファーストクラスのサービスに囲まれた環境の中で、高度

な医療を低価格で受診できることを目的としています。特に医療費が高額な

アメリカの患者を中心に、医療費の安いアジア諸国の医療機関で治療を受け

るMedical Tourism が活発化しています。現在の世界市場規模は、200億ドル

を超えており、数年以内には400億ドルにまで拡大するという試算もあります。

現在の対象は主に医療費の高いアメリカ人や中東の富裕層、最近は中国の富

裕層もMedical Tourismを利用する機会が増えています。

 

彼らの渡航先として最も古くから、そして活発に受け入れているのはインド・

タイ・シンガポールの三か国です。これらの三か国では国際的に患者を受け

入れるに必要な条件を備えた病院として、世界中どこでも通用する基準や指

標をもとにした「患者安全」「感染管理」「医療の質」などの諸条件をみた

し、JCI(Joint Commission International、国際病院評価機構)の認証を受

ける病院が古くから存在します。

 

JCIの説明の前に、医療機関での第三者評価の始まりは、アメリカ ハーバー

ド大学の外科医アーネスト・コッドマン教授(E.Codman 1869-1940)が「自

らの診療行為を第三者の医師に評価してもらいたい」との発想から1910年、

外科手術患者の退院後の追跡を行い、診療の質を結果によって評価するシス

テム(End-Results system of hospital standardization)を考案したこと

が発端であると考えられます。

その流れを受け継いで1951年にアメリカ外科学会、内科学会、病院協会、医

師会、カナダの病院協会の5つの団体が理事者となり、非営利組織JCAH

(Joint Commission on Accreditation of Hospitals、病院認定合同委員会)

を結成し、認証事業を行い、その後1987年にJCAHO(Joint Commission on

Accreditation Healthcare Organization)、2007年にはTJC(The Joint

Commission)と改称し、20500以上のHealthcare Organizationの認証をし、

現在にいたります。その中で1994年、国際部門として国際非営利団体JCIが

設立され、現在までアメリカ国外の医療機関の評価に着手しています。

 

JCIの本部はシカゴにあり,ミラノ,ドバイ,シンガポールに支部があります。

日本でも現在でこそ大学病院では埼玉医大、私立病院では亀田総合病院(日本

初)、公的病院では済生会熊本病院を皮切りに取得が進んでいますが、平成24

年度現在では世界50か国で450の病院が取得しているにもかかわらず、日本で

はわずか3病院しか取得していませんでした。

 

次稿以降では、インド及びタイのMedical Tourismの現状を考察していきたい

と思います。

 

(次号に続く)

 

元衆議院議員 吉田つねひこ

 

配信停止ご希望の方はお手数ですが、以下のフォームにて解除のお手続きを

してくださるようお願い申し上げます。

https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=yoshitsune

メルマガバックナンバーはこちら

http://www.yoshitsune-kai.jp/mailmagazine/

(2016年10月13日 記)

 

民進党愛知県第1区総支部長

元衆議院議員 吉田つねひこ

http://www.yoshitsune-kai.jp/

vol.92 保守を考える -その6- 《我が国の保守》
vol.101 保守を考える -その8- 《我が国の保守》
メルマガvol.36◆政調会長 細野豪志来る!!
「ふれあいの会」同日2カ所開催【東区:矢田学区】【北区:六郷学区・六郷北学区】3月26日
西区枇杷島学区にてタウンミーティングを開催 2月18日
vol.60 伊藤たかえ総決起集会のお知らせ

コメント