ÇHOMEブログvol.77 日本の医療制度を名実ともに世界一にするために~ Medical Tourismを考える ~《第10回》

vol.77 日本の医療制度を名実ともに世界一にするために~ Medical Tourismを考える ~《第10回》

吉田つねひこ「政治が視えるメルマガ」の第77号です。

このメルマガでは、国会の流れ、政策の動き、私の活動などをお伝えします。

 

テーマ : 日本の医療制度を名実ともに世界一にするために

~ Medical Tourismを考える ~

―第10回―

 

~はじめに~

「Medical Tourism(メディカルツーリズム)」について今回で10号目の投

稿となります。前号まで4回に渡りタイの事情を取り上げておりますが、今

号では、国立チュラロンコン大学医学部付属病院(以下チュラ大)の血管外

科の専門医の医師の予約日の様子をご紹介します。前号でも予告したとおり、

あまりに衝撃的で日本では考えられません。

 

■Medical Tourism(メディカルツーリズム)を考える

 

:その10 タイのMedical Tourism<戊>

数稿にわたり、Public Sectorの雄である国立チュラロンコン大学医学部付

属病院(以下チュラ大)における診療風景を覗いています。

 

前稿のまとめ

1:旅行者カップルの男性が発症した原因不明の左足腫脹に関するバンコク

での医療体験談。

2:チュラ大で、DVT(深部静脈血栓)の疑いがあり、深刻な問題だと言われ

た。

3:しかし、チュラ大での超音波検査の予約は驚くべきことに9月しかとれな

い。(2月中旬現在)

4:お金はかかるが、一刻を争う病気の可能性が高いので、バンコクの高額

な私立病院で検査を受けることにした。

5:高額だが快適なPersonal sectorの私立病院で超音波検査を受け、いよい

よチュラ大の血管外科専門医を受診する。予約時間は9時だ!

 

予約時間は9時でした。宿泊先の宿のスタッフから、チュラ大に朝の5時に

行って、診察が12時だったという話を聞いたようですが、今回は初診ではな

く予約もあるので安心して病院へ向かいます。チュラ大到着後2時間経過する

とカップルの女性に男性(患者)から電話があり、まだ診察に呼ばれないと

言います。この日のチュラ大の患者の数は約5000人。血管外科外来にも、既

に約100人の患者が待っており、しびれを切らした男性が看護師に「オレの順

番はまだか!?」(原文ママ)と尋ねると、看護師は隣の患者を指差し「こ

っちの人なんて、7時から待ってるんやっ!」(原文ママ)とキレられたそう

です。件の隣の患者の予約票には、7時と書いてあります。男性は病院を一旦

出て、銀行口座開設等の用を済ませ、午後2時くらいに、チュラ大に戻りまし

た。血管外科外来前に行くと、患者が一人もいません。「オレの順番は、来た

のか?」(原文ママ)と、看護師に尋ねると「あんたは、まだ呼ばれてない。

ドクターは1時半に帰った。明日来い!」(原文ママ)と言われ、男性は激怒

します。よくよく状況を確認すると、同日8時に診療開始予定だった医師が10

時に来院し診察開始、挙句の果て大量の患者を残し、午後1時半に帰ったそう

です。予約9時の男性の順番はついに来ませんでした。

 

結論代わりに彼らの感想をまとめます。

0:DVTの疑いで、深刻な問題じゃないのか?こんな状況でよいのか?

1:チュラ大はタイ一番の病院、つまり日本で言えば東大病院に相当するはず

なのに、こんな状況でよいのか?2月時点での超音波検査予約が9月になる

のもさもありなん。患者が多すぎる。

2:庶民には、私立病院はあまりにも高額なので、患者がチュラ大に集まるの

だろう。患者が多すぎて、予約をとっても診てもらえない現状のようだ。

診察してもらえるまで、いったい何日かかるのであろう?

3:現状ではまさに生死にかかわる状況の際でないと、すぐに診察を受けるの

は不可能なようだ。

4:低所得者の命や健康は高所得者のそれに比べて軽いのだろうか?

5:高額な私立病院は患者が少なくすぐに検査が受けられるのとは対照的だ。

6:私立病院の超音波検査の結果、DVTは否定的であったのでもう受診はやめ

る。検査技師の対応には一抹の不安が残るが膝も問題がなく、左足腫脹も

自然寛解したので治癒したとする。

7:次回、タイで何かしらの疾患に罹患しても絶対にチュラ大を受診すること

はないだろう。高額でも私立病院にした方が良いし、もう少し安価な私立

病院もあるそうだ。

 

私も実際に現地でチュラ大を見学したことがあります。同院は華やかな中心

繁華街で、サイアムスクエア等があるBTS(モノレール)サイアム駅から少し

南に下った辺りに位置し、BTSサラデーン駅の北、超高級ホテルのグランドハ

イアットやセントレジス等が林立するラチャダムリー駅の西に広大な敷地を所

有しております。すぐ南には、赤十字社の中に一般観光客も見学できる如何に

もタイらしさを感じる国立毒蛇・感染症研究所(スネークファーム)もありま

す。しかし、国民の健康と命を守る最後の砦ともいえるPublic Sectorの雄の

現状を垣間見ると、30バーツ医療制度の実態を見るようで日本の国民皆保険の

質の高さに改めて驚かされるとともに、21世紀そして22世紀の医療として、ど

のような形でそれを維持そして可能であれば発展させていくのか、至上の命題

であると思いを新たにします。

 

次稿では、Personal Sectorのファーストクラス病院の代表であるバンコク

・ジェネラル病院の診療風景を覗きながら、次々項でMedical Tourismにおける

日本の状況と可能性を考察し、まとめていきたいと思います。

 

(次号に続く)

 

元衆議院議員 吉田つねひこ

 

配信停止ご希望の方はお手数ですが、以下のフォームにて解除のお手続きを

してくださるようお願い申し上げます。

https://b.bme.jp/bm/p/f/tf.php?id=yoshitsune

メルマガバックナンバーはこちら

http://www.yoshitsune-kai.jp/mailmagazine/

(2017年3月17日 記)

 

民進党愛知県第1区総支部長

元衆議院議員 吉田つねひこ

http://www.yoshitsune-kai.jp/

メルマガvol.36◆政調会長 細野豪志来る!!
【岡田克也 民進党前代表、来名!】のお知らせ
ふれあいの会【中区:平和学区】【西区:栄生学区】開催のお知らせ
vol.54 日本の医療制度を名実ともに世界一にするために~新設医科大学構想にもの申す~《第3回》
MINSHIN Press 号外「加計学園問題」が発行されました 
vol.75 日本の医療制度を名実ともに世界一にするために~ Medical Tourismを考える ~《第8回》

コメント