ÇHOMEブログメルマガvol.37◆民主党は一丸となって信頼を取り戻す努力をします! ◆ポルフィリン症難病指定

メルマガvol.37◆民主党は一丸となって信頼を取り戻す努力をします! ◆ポルフィリン症難病指定

00037★紙面はコチラ(PDFファイル)

■民主党は一丸となって信頼を取り戻す努力をします!
今夏の参議院選挙で、国民の皆様から厳しい審判を受けた民主党ですが、
愛知選挙区においては、大塚耕平議員(現職)が、自民党に次いで741598票
のご支持を頂き、三度目の当選を果たすことが出来ました。ご支援を頂いた皆様に
心から御礼申し上げます。
吉田つねひこは「日本の医療崩壊を食い止める」という志を果たすため、今後も
愚直なまでに「経済活性化の大原則・ヒト・モノ・カネの流れを作る施策の推進」「格差社会の是正、老後の不安解消、若者が未来に希望の持てる社会の実現」「日本経済発展の原点・
モノづくり日本・名古屋の復活」に取り組み、「働くことを軸とする安心社会」を築くために全力で頑張ってまいりますので、今後ともご支援ください。

■安倍政権-医療・介護 負担増への道
衣の下から鎧が見えた!
安倍内閣が、8月21日に閣議決定した、消費増税にともなう社会保障制度改革の手順を示す「プログラム法案」は医療・介護が中心で、医療分野では ▽国民健康保険の運営を、
市町村から都道府県に移す。 ▽70~74歳の医療費窓口負担の引き上げ(1割→2割)
など、個人負担の仕組みを変える案も多く並べた。
介護保険制度では、 ▽要支援向けサービスの市町村事業への移管。 ▽所得が一定以上の利用者の自己負担を、1割から引き上げる見通しを、2014年の通常国会で法改正し、
2015年度をめどに実施する。年金は受給開始年齢の引き上げなどを検討課題としたが、時期には触れなかった。このような「国民に痛みを求める社会保障改革」には、政治の場での幅広い合意が大切だが、与党内の公明党議員からでさえも、「社会保障でも負担増が続くのでは、何のための消費増税なのか」といった慎重論も出ています。

吉田つねひこは現役の医師として「日本を診る」をキャッチフレーズに、日本再生を目指す処方箋を政治の場に示してまいります。是非ともも名様の意見をお聞かせください。

■“ポルフィリン症”を難病指定に! 街頭署名活動実施
「ポルフィリン症」とは・・・
赤血球の中にある、たんぱく質のヘモグロビンをつくる「ヘム」という物質の
合成経路に異常があり、ポルフィリンという物質は、光に当たると毒性を持ち、
沈着した部分を壊してしまう働きがあります。
つまり、太陽に当たれない生活を強いられるという難病です。

吉田つねひこは、2010年4月に「民主党ポルフィリン症を考える議員連盟」
を立ち上げ、その副幹事長として、厚生労働省に対し、「難病指定」の働きかけを
続けています。
塚本 久 愛知県議もこの活動に精力的に取り組んでいますが、患者数が全国で
200人という希少難病のため、いまだ実現しておりません。
私たちの子や孫が、いつ、この難病にかかるかもしれません。
「さくら友の会~ポルフィリン症代謝障害友の会」ではこれまで55万539名
の請願署名を行い、現在、第3回目の署名活動(平成25年9月22日~
平成25年10月16日)を展開中です。全国の皆様のご理解とご協力を
よろしくお願い致します。

なお以前に報道番組にて「ポルフィリン症」の患者様を取材した記録がございます
のでよろしければ合わせてご覧ください。

太陽に当たれない兄弟 - ポルフィリン症
http://www.tbs.co.jp/houtoku/onair/20080106_1_1.html

月刊・東海財界 対談記事 メルマガvol.38◆大塚耕平参議院議員と対談 ◆ポルフィリン症難病指定の署名活動協力御礼
メルマガvol.36◆政調会長 細野豪志来る!!
【国会】厚生労働委員会「医療保険の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法の一部を改正する法律案」質疑 4月3日
メルマガvol.43◆有識者懇談会を隠れ蓑に、責任逃れ! ◆軽自動車増税、ここでも庶民増税が強行
vol.75 日本の医療制度を名実ともに世界一にするために~ Medical Tourismを考える ~《第8回》
vol.64 日本の医療制度を名実ともに世界一にするために~新設医科大学構想にもの申す~《第9回》

コメント