ÇHOMEあんかけパスタ伝説奇天烈な店=千章(ちあき)

奇天烈な店=千章(ちあき)

訪問日:2010年9月17日

阿佐ヶ谷の千章というお店で、一緒にキリバスでの医療ボランティアに従事した丸山氏とアメリカ時代、一緒にガーナで医療ボランティアに従事した東京医大の村松大弐氏と夕食をご一緒しました。
暖簾は中にあり、来るものを拒むかのような佇まい・・・

①

こちらのお店、千章は以前“奇天烈な店“という本にもなった魚の色々な部分を食べさせてくれるお店です。
いうなれば、御主人は魚の解剖学者のような方です。
料理を数例ご紹介いたします。

ホッキ貝の給水管
②

秋刀魚の脳みそ
③

鯵の角膜
④

マグロの皮
⑤

魚の胃に肝を詰めたもの
⑥

うにを裏ごししたホタテで包んだもの
⑦

これらはあくまで一例であり、数限りないオリジナルな料理が頂けます。
珍しいものでは魚の胆汁を長時間(長いものは30年だったかな??)漬けたもの・・・等など。
ちなみにお鮨屋さんですが、めったに握ってくれません・・・・
私が初めて握りを頂いたのは5~6回目にお邪魔した時だった気がします・・・・
それもまた素晴らしく美味しいこはだの握りでした。

ご馳走様でした。

吉田統彦拝

龍文
がりのすし Sushi of Gari
得仙
大恒
Five Guys(ファイブガイズ)
百壺(ひゃっこ)

コメント