ÇHOMEブログ「不妊治療の保険適用」についての提言を厚生労働省に提出 6月11日(金)

「不妊治療の保険適用」についての提言を厚生労働省に提出 6月11日(金)

私、吉田統彦は6月11日(金)、「不妊治療等に関するワーキングチーム」の一員として、厚生労働大臣宛の「不妊治療の保険適用についての提言」を厚生労働省に提出しました。提出には、岡本あき子、阿部知子、山川百合子各衆院議員、横沢たかのり、塩村あやか両参院議員が出席しました。

この提言は、7月から中央社会保険医療協議会(中医協)で関係学会がまとめた診療ガイドラインをもとに、来年4月からの不妊治療の保険適用に向けた議論が始まるため、立憲民主党の考えがこの議論に反映されるよう、取りまとめたものです。

提言は、(1)保険適用の対象および要件(2)子どもを授かりたい人々を支える治療と環境の整備(3)若年期における理解・啓発の促進(4)仕事との両立に関する環境整備――の4つの柱からなっています。

今回の申し入れでは、保険適用の要件として、とりわけ透明性の確保、男性不妊の検査の必須、事実婚も対象とすること、切れ目ない保険適用、保険外治療における助成制度の検討――などを強調するとともに、カウンセリング体制の充実や男性不妊専門医の連携支援、学校教育における包括的性教育の充実、不妊治療休暇制度の推進――などの環境整備も合わせた包括的な取り組みの重要性を指摘しました。提言を受け取った厚生労働省の濵谷保険局長は、「問題意識は同じであり、提言を受け止めて検討したい」と応じ、党側からは、党として引き続き不妊治療に関する議論を重ねていくことを伝えました。

不妊治療の保険適用は、私が国会でも幾度となく提起してきた重要な課題であり、不妊治療への包括的な保険適用および助成が実現されるよう、引き続き強く政府に働きかけてまいります。

私、吉田統彦は、国民の皆様が安心・安全に暮らすことができる社会を構築するため、これからも、政府に訴えていきます。皆様のお声をお寄せください。

新型コロナ感染症への対応について~まず国会議員歳費の返納を~
第1414回立憲民主党愛知県第1区総支部街頭演説会 9月8日(火)
第1457回立憲民主党愛知県第1区総支部街頭演説会 12月1日(火)
第1413回立憲民主党愛知県第1区総支部街頭演説会 9月6日(日)
第1421回立憲民主党愛知県第1区総支部街頭演説会 9月14日(月)
専修学校の不公正な取り扱い~准看護師学校生への支援について~ 6月13日

コメント